家族葬の費用の内訳

家族葬の費用の内訳 家族葬は家族や親族だけの小規模で行うもので、かかる費用の安さもメリットの一つと言えます。家族葬の平均費用は約120万円ほどと言われています。この金額だけ聞くと、高いと感じる方も多いでしょう。もちろん、安く済ませようと思えばもっと安くできます。実際は80万円から100万円くらいの間に収まるケースが多いです。
その内訳は、大きく葬儀本体・接待・寺院にかかるものに大別できます。葬儀本体は葬儀会場を借りるためのもので、15万円から20万円くらいが目安です。この価格は地域や葬儀会場の場所により異なります。そこで使用する棺や祭壇などもここに含まれます。
葬儀に訪れた方を接待するにもお金がかかります。飲食代をはじめ、告別式を終えた後の精進落としなども予算として考えておかなければなりません。香典返しも必要となります。通夜・告別式には僧侶を招く必要があり、お布施や車代などが寺院関連として計上しておく必要があります。

葬儀費用を抑えることが可能

葬儀費用を抑えることが可能 家族の誰かが亡くなったときに葬儀をおこなう必要がありますが、葬儀費用を用意するのが大変なケースがあります。高い葬儀を選んでしまうと、100万円以上の予算が必要になることもあるのでお金を用意するのが大変です。そのようなときに家族葬を選ぶことで、少ない予算で葬儀をおこなうことができます。
規模が小さめの家族葬であれば50万円以下に抑えることができるので、通常よりも半分以下の費用負担で済ませられます。家族葬の場合は家族や故人と本当に親しかった一部の親族などしか参列しないので、小さめの会場でも葬儀をおこなえるのがメリットです。葬儀に必要となる予算を抑えるときに、一日葬や直葬などを選ぶこともできますが、かなり儀式を省略されてしまいます。
一日葬はお通夜をおこないませんし、直葬はお通夜も告別式もおこなわずに納棺後にすぐ火葬されてしまうので注意が必要です。その点家族葬は参列する人数が少ないだけで、通常の葬儀とそこまで遜色がない魅力があります。

新着情報

◎2024/2/15

情報を更新しました。
>時代の流れとともに増加しつつある家族葬という形
>海外に行っていても安心の家族葬の魅力とは?
>家族葬は規模の小さな葬儀をすることができる
>家族葬に相応しい服装の選び方や弔いの気持ちを示す意味について
>家族葬では参加者と思い出を共有する演出もできる

◎2023/4/12

情報を追加しました。
>家族葬で起こりそうなトラブルを未然に防ぐ
>家族葬でトラブルを避けるための参列者を決め方
>家族葬と密葬との違いについて解説しています
>現代は家族葬が非常にブームニなっている理由
>家族葬を海外でしたいときの注意点と費用!

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>家族葬の案内を出すべき相手と辞退したい事柄とは
>勘違いされやすい家族葬と密葬の違いをチェックしよう
>一般的な葬儀と家族葬の香典の相場のちがい
>家族葬専門の斎場で葬儀を執り行うことのメリットや魅力について
>キリスト教で家族葬を行う場合の手順と注意すること

◎2021/5/24

通夜なしの場合の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の際の通夜の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 費用」
に関連するツイート
Twitter

返信先:うちは父が亡くなった時、極々小規模な家族葬だけしました。 葬儀費用は15万円。 後日、猪名川町に総裁費申請をして5万円をもらいました。 葬式に何十万円も掛けたくないし、お金は生きている人間の為に使いたかったので…。

返信先:他1うちの父がそうでした。遺灰は半年後に返却いただいたので、初盆ですぐ納骨手続きできました。また、市営の共同墓地に生前申し込んでおり、お金も払込済みだったので、葬儀関係費用は、家族葬費のみでした。段取り良く準備していた父はすごいと思いました。

返信先:他1最近、家族葬が主流なのでそこまで費用はかからないと存じます🤗

『選べる家族葬』 会館、祭壇、オプション商品 を選べます。 選ぶ会館、祭壇、オプション商品によって費用は変動します。 なので、事前相談にお越しくだされば説明し安心を得られます。 弊社の家族葬の内容を説明させてください。

返信先:貧困化ではなく、親族の付き合いの希薄化、宗教儀礼の形骸化、死への畏敬の薄れ、仏教への信頼の揺らぎ等が重なって、葬儀費用が高額だと感じられるようになった。そのため、家族葬と呼ばれる簡易葬儀が流行しているのだと思う。