家族葬の際の通夜の流れ

家族葬の際の通夜の流れ 家族葬は、遺族や親族のみで葬儀を行うスタイルです。
仕事関係の人やご近所の他に友人などの参列者への対応に追われることなく、落ち着いて故人を偲ぶことができます。
葬儀の形式は一般的な葬儀と同様であり、夜通し灯りを灯して故人を見守る儀式としての通夜は家族葬でも執り行われます。
最近では18時ころから1時間程度かけて行い、その後料理を囲み2時間後から3時間後に解散することが大半です。
流れとしては葬儀社が斎条の設営をし、遺体を納めた棺を安置します。
そして遺族は喪服を着て席に着きます。
僧侶による読経は30分間くらい続きます。
焼香は喪主から遺族、弔問客と行っていきますが、家族葬の場合は、弔問客がいないことが多いので、15分くらいで終わるでしょう。
読経や焼香の後に、僧侶からの法話や説教がある場合があります。
僧侶は読経や法話が終わると、退席します。
また、一日葬のように通夜を省略して告別式のみを行う場合もあります。

家族葬や通夜にかかる時間をチェックしておく

家族葬や通夜にかかる時間をチェックしておく 家族葬は基本的にお通夜があり、その翌日に葬儀を行うことになります。
そのため一般の葬儀と流れ自体はほとんど変わらないのですが、かかってくる時間は短くなっています。
お通夜は20分程度短くなっていますし、葬儀も10~20分程度早いことが一般的です。
ちなみに、火葬の時間については葬儀形式によって変わってくることはほとんどありません。
家族葬が早く終わる理由として、参列者が少ないためということが挙げられます、参列者が少なければ焼香がすぐに終わりますし、葬儀も早めに終わるということです。
家族葬は準備も短期間で完了することが特徴です。
基本的には家族や親族のみで行うことになるため、参列者を把握しやすいことがその理由です。
人数を把握しやすいため、料理の準備などもすぐに完了します。
家族が亡くなると準備が忙しいこともありますが、事前に必要な準備などが少なくて済みますし、精神面の余裕ができることも家族葬の特徴です。

新着情報

◎2024/2/15

情報を更新しました。
>時代の流れとともに増加しつつある家族葬という形
>海外に行っていても安心の家族葬の魅力とは?
>家族葬は規模の小さな葬儀をすることができる
>家族葬に相応しい服装の選び方や弔いの気持ちを示す意味について
>家族葬では参加者と思い出を共有する演出もできる

◎2023/4/12

情報を追加しました。
>家族葬で起こりそうなトラブルを未然に防ぐ
>家族葬でトラブルを避けるための参列者を決め方
>家族葬と密葬との違いについて解説しています
>現代は家族葬が非常にブームニなっている理由
>家族葬を海外でしたいときの注意点と費用!

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>家族葬の案内を出すべき相手と辞退したい事柄とは
>勘違いされやすい家族葬と密葬の違いをチェックしよう
>一般的な葬儀と家族葬の香典の相場のちがい
>家族葬専門の斎場で葬儀を執り行うことのメリットや魅力について
>キリスト教で家族葬を行う場合の手順と注意すること

◎2021/5/24

通夜なしの場合の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の際の通夜の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 流れ」
に関連するツイート
Twitter

静岡で流れている「家族葬のタクセル」のCM、何度見てもお姉さんの口とナレーションが合ってなくて笑える…元々は関西でお馴染み「らくおう」の差し替えver.なので。

大阪市立小林斎場で家族葬を行われたお客様の実例です。大阪市立小林斎場で市民葬プラン27.5をご利用され、家族葬をご利用になった場合の費用内訳、ご依頼から終了までの流れの一例をご紹介しています。是非ご参考ください。

ご近所の方が亡くなられて今夜通夜、明日告別式。 家族葬で香典なども自治体の決まりで無し。 朝、夫婦でお別れに行ってきた。 自分は故人の思い出話を家族や知人友人が話しながら見送るのが故人が生きた証と思うから今の流れは淋しく感じる。 いくら高齢で大往生だとしても、その人には人生があった。

最近は家族葬が増えて、お葬式に行く機会も減った気がします。 そんな時代の流れの中でも花を贈る文化は変わらず続いていますね。 人生の節目を花で飾るに密着しました。

葬儀は家族葬で(中略)キダの作曲したBGMが流れた。 全曲30秒で終わってしまうイメージ。それにしても90歳超えてナイトスクープ出てたんや。 御冥福をお祈りします。 円広志、キダ・タローさん悼む