家族葬の費用の内訳

家族葬の費用の内訳 家族葬は家族や親族だけの小規模で行うもので、かかる費用の安さもメリットの一つと言えます。家族葬の平均費用は約120万円ほどと言われています。この金額だけ聞くと、高いと感じる方も多いでしょう。もちろん、安く済ませようと思えばもっと安くできます。実際は80万円から100万円くらいの間に収まるケースが多いです。
その内訳は、大きく葬儀本体・接待・寺院にかかるものに大別できます。葬儀本体は葬儀会場を借りるためのもので、15万円から20万円くらいが目安です。この価格は地域や葬儀会場の場所により異なります。そこで使用する棺や祭壇などもここに含まれます。
葬儀に訪れた方を接待するにもお金がかかります。飲食代をはじめ、告別式を終えた後の精進落としなども予算として考えておかなければなりません。香典返しも必要となります。通夜・告別式には僧侶を招く必要があり、お布施や車代などが寺院関連として計上しておく必要があります。

葬儀費用を抑えることが可能

葬儀費用を抑えることが可能 家族の誰かが亡くなったときに葬儀をおこなう必要がありますが、葬儀費用を用意するのが大変なケースがあります。高い葬儀を選んでしまうと、100万円以上の予算が必要になることもあるのでお金を用意するのが大変です。そのようなときに家族葬を選ぶことで、少ない予算で葬儀をおこなうことができます。
規模が小さめの家族葬であれば50万円以下に抑えることができるので、通常よりも半分以下の費用負担で済ませられます。家族葬の場合は家族や故人と本当に親しかった一部の親族などしか参列しないので、小さめの会場でも葬儀をおこなえるのがメリットです。葬儀に必要となる予算を抑えるときに、一日葬や直葬などを選ぶこともできますが、かなり儀式を省略されてしまいます。
一日葬はお通夜をおこないませんし、直葬はお通夜も告別式もおこなわずに納棺後にすぐ火葬されてしまうので注意が必要です。その点家族葬は参列する人数が少ないだけで、通常の葬儀とそこまで遜色がない魅力があります。

新着情報

◎2024/2/15

情報を更新しました。
>時代の流れとともに増加しつつある家族葬という形
>海外に行っていても安心の家族葬の魅力とは?
>家族葬は規模の小さな葬儀をすることができる
>家族葬に相応しい服装の選び方や弔いの気持ちを示す意味について
>家族葬では参加者と思い出を共有する演出もできる

◎2023/4/12

情報を追加しました。
>家族葬で起こりそうなトラブルを未然に防ぐ
>家族葬でトラブルを避けるための参列者を決め方
>家族葬と密葬との違いについて解説しています
>現代は家族葬が非常にブームニなっている理由
>家族葬を海外でしたいときの注意点と費用!

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>家族葬の案内を出すべき相手と辞退したい事柄とは
>勘違いされやすい家族葬と密葬の違いをチェックしよう
>一般的な葬儀と家族葬の香典の相場のちがい
>家族葬専門の斎場で葬儀を執り行うことのメリットや魅力について
>キリスト教で家族葬を行う場合の手順と注意すること

◎2021/5/24

通夜なしの場合の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の際の通夜の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 費用」
に関連するツイート
Twitter

返信先:今のお葬式でかなり主流になってる家族葬って費用の面もですけど、後の手間が掛からないという面もかなり大きいと思うんですよね、夫婦別姓って「今」は、対面的に面倒くさい面が大きいですが、ふとしたきっかけで、別に問題無いよねって広がって来ると一気に広がると思います。

返信先:それは確かに 元嫁の葬儀も家族葬と言う形でしたが 嫁の会社の人や 私の会社の人 それに友人も 参列してくれたので 費用は 香典で賄えました 無宗教が上の 坊さん無しでしたが 嫁の友人が 創価学会員で 見かねてからか 法華経?を 読んでくれました 友情出演なので お布施?は無しでした(^v^)

家族葬といえ、葬儀費用120万。 となれば、30万〜50万程度で抑えられる、幸福の科学向け葬儀。墓地の土地も含めて。 プレミアム信者が主となり、ベーシック信者への措置。 我プレミアム会員からの提言。 ビジネスチャンス!

大阪市立鶴見斎場での親族8名様の家族葬のご葬儀事例を総額費用も含めてご紹介。市民葬プラン38をご利用されお見送りされた事例となっております。大阪市立鶴見斎場や家族葬をご検討されている方は是非ご参考ください。

大阪市立小林斎場で家族葬を行われたお客様の実例です。大阪市立小林斎場で市民葬プラン27.5をご利用され、家族葬をご利用になった場合の費用内訳、ご依頼から終了までの流れの一例をご紹介しています。是非ご参考ください。