このサイトでは、葬儀の中でも親しい身内や親族だけで行う家族葬を詳しく解説しています。
どんなメリットがあるのかやデメリット、実際に葬儀を行う場合に費用を安く抑えるためにどうすればいいか、具体的な費用の内訳についての情報等を紹介します。また、通夜を行う場合にはどんな流れになるのかやその反対に通夜を行わない場合の流れ等の情報についても詳しく説明しています。事前に葬儀に関する情報を知っておくことで、いざという時納得のいく方法が選べます。

家族葬とは?

家族葬とは? 家族葬とは、呼ぶ人を限定して行う小規模な葬儀のことをいいます。身内や親族だけで行う場合もありますし、親しい友人が参加することもあります。
家族葬のメリットには、故人を偲んでゆっくりお別れができることや葬儀の内容を比較的自由に決められること等が挙げられます。一般的な葬儀の場合には喪主は取り仕切らなければいけないことが多く、別れを惜しむ暇がない倍も多いです。家族葬のデメリットとしては、呼ばなかった人とトラブルになる恐れがあることや一般葬よりも香典の額が少なく費用負担が大きくなる場合があることが挙げられます。故人とつながりのあった人の中には、家族葬についてあまり理解していない人もいます。水臭いと思われてしまうかもしれません。

家族葬に必要な料金の相場

家族葬に必要な料金の相場 家族葬は近年需要を高めている葬儀スタイルの一つですが、定義があるわけではないので人数や参列者と故人との関係なども自由という点も魅力です。参列する人数が少なく濃く身近な人だけなので、挨拶などで気を使う必要がないのも良い点ではないでしょうか。家族葬を選択する際に気になるのは、葬儀に必要となるトータル費用はどの程度かという点です。もちろん規模が小さい分会場も小さくて済んだり、飲食接待費の負担も軽減するので金銭面の負担が減ることは間違いありません。しかし基本的な部分は一般的な規模の葬儀と変わりはないので、イメージしているほど安くならないケースが多いということも頭に置いておきましょう。
家族葬の相場としては90万円程度となっており、想像よりも高額に感じる人が多いです。しかし一般的な葬儀と規模が異なるだけで必要となるものは同じなので当然と言えます。会葬者が少なかったり身内のみとなれば、香典もほとんどないので結局自己負担する金額は一般的な葬儀と大差はないということが珍しくありません。安くしたいという理由のみで、安易に家族層を選ぶのではなく本当に適している内容であり、希望しているのかということを考えて選ぶようにしましょう。

葬儀は流行りの家族葬でとりおこなう時代です

一昔前は一般葬が主流だったのですが、葬儀というものは時代の流れによってニーズに合わせて変化していきます。
最近では少人数の参列者で葬儀をとりおこなう家族葬が人気があります。
家族葬で葬儀をする理由は、御近所付き合いが疎遠になってきていることや、故人が高齢の場合など、故人と付き合いがある方が少ないといったことが多いので、少人数での葬儀にすることが多いです。
一般葬のように盛大な葬儀を好まない方々も増えてきているので、家族葬は需要があるのです。
利点は、一般葬の葬儀の内容と同じことをするので、丁寧に心を込めて故人を見送ることができます。
家族が参列者に挨拶をする負担も軽減することができる点もメリットです。
少人数で故人を見送ることができるので、一般葬のようにあわただしくなく、ゆっくり時間をとって故人と最後のお別れをすることができます。
費用の面でも葬儀にかかるコストを抑えることができるので、無駄な費用がかからないことも経済的になります。
このように家族葬は、メリットが多く、時代の流れに合った合理的な葬儀の方法になります。

家族葬は葬儀会社によってプランが異なるので要注意

家族葬は、参列者をどこまで呼ぶのかによって内容や費用が大きく異なります。
人数でいうと参列者が10名程度の場合はご遺族のみの参列です。
30名程度だとご遺族と親族、50名以上だとご遺族と親族と交友関係となります。
また葬儀会社によってプランが異なり、セットプランにサービス料金などが含まれていないこともあります。
特に料金が低額の家族葬の場合、あとから追加料金が発生することもあるので注意が必要です。
当然入っていると思っていた内容が、別料金になっていることがあります。
費用を支払う際に、クレジットカードを使えない葬儀会社もあるので、事前に確認が必要です。
支払いは葬儀の終了直後というところや、葬儀前に前金が必要なところもあります。
故人がなくなったばかりで、悲しみも癒えないまま葬儀の準備をしなくてはならないのでなにかとあわててしまうかもしれません。
しかし、契約時にはプランの内容や費用の確認をしておくことが、トラブルを防ぐために大事なことです。

家族葬は「核家族化」とともに好まれるように

"夫婦のみ、あるいは親子のみの世帯で生活するスタイルの浸透は「核家族化」と呼ばれています。
「核家族化」は日本の高度経済成長期にともない拡大し、現在では最もポピュラーな家族スタイルとなりました。
核家族である場合、ひとつの世帯や親族が同時に顔を合わせる機会は滅多にありません。
そういった場合に応じて、故人のごく身近な家族や親族のみで執り行う葬儀を家族葬と言います。
家族葬は従来の葬儀と比べると参加者が少なく、コンパクトなお葬式としても喜ばれているのです。
家族葬は小さい規模の葬儀ですが、費用や手続きが簡単であるとは限りません。
一部の地域や親族には、家族葬について「故人を送るのに相応しくない」と拒否されることもあるのです。
みんなの納得のいくお葬式を執り行うためには、核家族とは言え親戚間や関係者との相談や調整が欠かせません。
手続きの方法や不明点は、葬儀社がアドバイスを行ってくれます。
何でも相談し、故人を心から弔うことの出来るお葬式を目指しましょう。

都内で家族葬を行った場合にはどれくらいの費用がかかるのか

近年では家族や親族、親しい友人など、縁の深かった人だけで行う家族葬と呼ばれる葬儀のスタイルが注目を集めています。
一般的な葬儀の場合には、会社関係の人たちが近所の人たちが参列しますが、家族だけで行う場合には参列者が少ないので、費用を安く抑えられる事が一つのメリットです。
一般的に都内で家族葬を行った場合の費用の相場としては、約105万円程度とされています。
都内だけではなく神奈川県や埼玉県、千葉県などの首都圏と比べても、それほど大きな差は見られないでしょう。
しかし場合によっては一般的な葬儀を行うよりも高くなってしまうケースもあります。
その理由に考えられることは、一般的な葬儀と比べると参列者が少ないので、受け取る香典の金額がすくなることが一つの原因です。
費用を安く抑えることができるかもしれませんが、家族が持ち出しとなる金額が高めになる可能性が考えられます。
どのようなスタイルを考えているのか、そしてそのためにはどのようなものが必要なのか、必要でないものは何なのかを整理することが重要です。

家族葬の費用の負担は誰が背負うのかを確認しておこう

一般的に、家族葬の全体的な費用は100万円前後であると考えられています。
その中でも、特に重要であると考えられているのが具体的にだれが負担するのかを考えるということです。
基本的に、葬儀費用を支出するのはそれを主催する喪主であると考えられています。
法律的には誰が負担をするのかを規定しているわけではありませんが、慣習的には亡くなった人の関係者が喪主となって、その人が支出するようになっています。
家族葬が普通の葬儀と異なるのは、外部からやってくる人がほとんどいないという点です。
文字通り、身内だけで葬儀を進めていくことになりますので、どういった観点で進めていくのかをよく考えておかなくてはいけません。
その中で、必要になる費用は異なってきます。
参列者が参加する場合には、そこから香典などもありますので本来ならば費用から差し引いて計算することもできますが、家族葬の場合はその数が少なくなることも多いのでこの点は注意が必要です。

家族葬の案内を出すべき相手と辞退したい事柄とは

日本の葬儀スタイルは、以前は一般葬を執り行うのが常でした。寺院や町内会の会館を貸し切って利用をするのですが、その場合は100名以上の規模となるのが基本です。そして喪主は参列者の方々に対して接待もしないといけないため、非常に疲れがたまりやすいものです。現在ではその心労を最小限にするために、ごく近しい方のみが参列をする家族葬が多くなりました。ここで簡単に概要を見ていくと、家族葬の案内を出すべき相手は親子・兄弟・第二親等までとなります。
親類などには後日喪中はがきを出す程度でよく、小さなホールで通夜のみを実施するのが一般的なスタイルです。さらに香典は辞退をするのみ基本になります。あくまでの故人の家族で執り行うものというスタイルなので、列席をなさる方々には案内状で香典は不要と記すようにしないといけません。家族葬は密葬とも称されており、斎場の小規模スペースだけでおこなえるのが特徴となっているものです。

勘違いされやすい家族葬と密葬の違いをチェックしよう

近年、近親者だけで故人を見送る葬儀を執り行うケースが増えています。親しい方のみで執り行うスタイルの葬儀といえば、家族葬や密葬を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。同じようなイメージのある両者ですが、実は違いがあります。間違えやすいこの2つの違いをチェックしてみましょう。
家族葬は文字通り故人の家族や親友など、参列者がごく限られているのが特徴です。一般葬のように参列者への挨拶などで時間を取られることがないので、ご遺族はゆっくりと故人との最後のお別れをすることができます。お通夜から告別式、火葬場へ出棺と一般葬と工程も同じです。密葬も基本的な流れは一般葬と同じで、家族葬同様に家族や親しい方のみが葬儀に参列することになります。
ただ、家族葬と異なるのは本葬があるという点です。故人が会社の社長や役員、有名人などの場合は数多くの参列者が葬儀に参列し、ご遺族はその対応に追われることになってしまいます。先に葬儀を終わらせ、お別れの会やしのぶ会など一般の参列者を呼ぶという違いがあります。

一般的な葬儀と家族葬の香典の相場のちがい

コロナ禍による影響もあり葬儀を簡素化する方も増えていて、多くの参列者を招かずに身内のみで行う家族葬が今注目を集めています。しかし家族葬に参列する場合一般的な葬儀とどう違うのかよくわからないとか、お香典をいくら包めば良いか迷う方も多いのです。
家族葬は家族や親族のみで行う葬儀形態のため、小規模な葬儀となることが多く手間を増やしたくない返しをするのが大変などの理由で辞退する場合があります。その場合は無理に渡さないようにしますが、受け取る場合と辞退の両方の可能性があるときはその連絡を受けていないときは、どちらにも対応できるよう持参するのが無難と言えます。
金額は故人との関係によって異なりますが、一般葬と考え方は同じで香典を出すときの相場は自分の親なら5万円から10万円で自分の祖父母は1万円から2万円です。また配偶者の親も5万円から10万円で配偶者の祖父母は1万円から2万円、兄弟姉妹なら3万円から5万円で友人知人5千円から1万円、近所の人は5千円未満が目安となっています。

家族葬専門の斎場で葬儀を執り行うことのメリットや魅力について

家族葬の人気が高まっていることから、最近では小規模の葬儀に特化した専門の斎場も増えています。家族葬専用の斎場は、少人数で葬儀を行うことを前提としているため、1日1件だけの完全予約制を採用している場合も多く、参列者が少なくてもホールが大きすぎて寂しい雰囲気になってしまったり、他人の葬儀と一緒になってしまうという心配もありません。
故人が希望していたこだわりの演出にも柔軟に対応してもらえて、設備を自由に利用することができます。また、遺族の控室についてもホテルのように落ち着いた雰囲気の部屋が用意されていて、ゆっくりとくつろぎながら故人とのお別れの時間が過ごせるようになっているのも魅力です。斎場によっては、家族葬専門の葬祭ディレクターが常駐して、葬儀のプランの相談に応じたり、家族の困りごとに親身に寄り添ってもらえます。家族葬を執り行うことが生前から決まっている場合には、本人が事前に下見をして予約をしておくと、いざという時によりスムーズに進めることができるでしょう。

キリスト教で家族葬を行う場合の手順と注意すること

家族葬を行う場合、仏教式ではなくキリスト教式で執り行うことがあります。キリスト教は仏教とは異なり様々なしきたりがあるように感じますが、実際には大きな差はなく葬儀自体の内容にも違いはありません。ですが教派によって若干の違いがあり、カトリックとプロテスタントでは作法が違います。
プロテスタントの家族葬の流れは、神のもとで安らかになるという意味合いから、神にささげる祈りが中心となります。神に感謝をし、遺族を慰めることを重点としており、聖書の朗読や讃美歌を斉唱、牧師の説教を行います。通常葬儀と告別式はわかれません。形式にこだわりがないのも一つの特徴です。
カトリックではまず神に故人の罪を詫びて許しを請い、永遠の命が得られるように祈りを捧げます。根本的な考え方がプロテスタントとは異なっており、典礼とミサが中心です。亡くなった直後に聖体拝領を行い、パンと葡萄酒が与えられるのが特徴となっています。入道式とミサ聖祭式、赦祈式の3つの儀式を経て出棺式となります。

家族葬で起こりそうなトラブルを未然に防ぐ

親族を中心とした小さな葬儀が出来るということで人気の家族葬ですが、明確な定義はなく地域や会社で異なります。
人によって家族葬とはこういうものだという、認識が異なるため主催者側と参列者側でトラブルが起こることがあります。
家族葬に限ったことではありませんが、葬儀の値段が説明されたものとは違うため不満に思います。
喪主は満足していても、参列した人が気に入らないということも起こります。
地域や世代によって故人を盛大に送りだしたい、という意見を持っている人もいます。
このようなトラブルを防ぐためには、「家族葬」で行うという意思をはっきりさせ、それは家族で決めたとか故人の意思で決めたということを、しっかり理解してもらうことが大切です。
訃報を知らせてもらえなかった等の不満を持っている人にも、理解してもらえるようにすることです。
自由度が高いので、お寺のしきたり等を外れて問題になることもあります。
お寺のルールをよく聞くということを、忘れないようにしましょう。

家族葬でトラブルを避けるための参列者を決め方

費用を抑えて家族の負担を減らせるなどの理由で、家族葬選択する人が増えています。
家族葬において、頭を悩ませるのが参列者の選定です。
家族葬の参列人数に明確な規定はなく、一般的な葬儀と同様に遺族が自由に決めることができます。
そのため、家族間で意見の食い違いが起きて揉めるケースも少なくありません。
参列者をスムーズに決める基本的な方法の一つが故人の意思の尊重です。
亡くなった人を弔う儀式である以上、故人の意思を尊重することは最優先事項と言えます。
生前に誰を呼ぶか伝えられている場合は、指定された人だけを呼べばトラブルが起きる心配がありません。
生前に故人から希望を伝えられていない時は、会場を先に選ぶ方法もあります。
式場の費用は規模に比例して高くなるので、人数を先に決めてしまうと予算オーバーになることも珍しくありません。
予算内に収まる会場を先に抑えておけば、参列できる人数の上限も決まるので、取捨選択がしやすくなります。

家族葬と密葬との違いについて解説しています

近年、葬儀も多様化が進み、昔ながらの親戚や近所、会社関係の方を招いて行う方式が減少しつつあります。
多様化する中でも、最近増えつつあるのが家族葬です。
ところで、この葬式は、密葬と勘違いされやすいですが明確に違いがあります。
ここでは密葬との違いについて説明します。
一番の違いは本葬の有無です。
家族葬は招待客がごく身近な人間に限定されますが、それ自体は葬式として成立しますので後日本葬やお別れ会は開かれません。
一方密葬の場合は、後日開かれる本葬やお別れ会とセットとなります。
密葬が行われるケースとしては、大規模会社の社長や政治家・芸能人等の有名人が死去した場合です。
これらの方がなくなった場合、通常の葬式を行うと準備やあいさつに追われるためゆっくりと故人をおくることが出来ません。
そこで、ごくごく身近な人間で密葬を行い、最後の時間をゆっくりと過ごすのです。
そのため、密葬に招かれた場合は、葬儀があったことを第三者に口外しないことがマナーとされています。

現代は家族葬が非常にブームニなっている理由

日本の経済は今まさに冷え切っていると言われています。
それはバブル崩壊後のデフレ経済からなかなか脱却できず今日までいたり、サラリーマンん尾年収が上がってこなかったためです。
少ない給与の中生活を切り詰めるために節約をしている人も多く、一向に消費が活況にはなっては行きません。
まさに負のループであり、企業も大きな収益を上げられないのでますます社員に還元することが出来ないのです。
このような状況下で冠婚葬祭にお金をかけてはいられません。
そこで特に葬式などはコンパクトに、スマートに行おうとする人が多くなっています。
その中で家族葬は特に人気が有るのです。
その理由は、一般葬の三分の一程度の費用で執り行うことが出来るためです。
家族葬の参列者はごく限られた身内や親族に限られせいぜい10名程度で行います。
その為非常に寂しい葬式のように感じられますが、実際はアットホームでありコインとしっかり向き合いお別れをすることが出来ます。

家族葬を海外でしたいときの注意点と費用!

日本の家族葬は、主に仏式ですが、海外ではそれぞれの国によって葬儀が行われます。
そのため、どの国で行うかが重要になります。
例えば、イギリスでは葬儀は身内だけで行うことがほとんどです。
霊柩車でなく黒い馬車が使用されます。
火葬の場合は灰になるまで焼き、遺灰は墓地などに撒かれます。
約60万円ほどの費用が掛かりますが、土葬する際はさらに金額がかかります。
アメリカでは葬儀はビジネスとなっていますので、アメリカで日本式の家族葬を行いたい場合はたくさんのお金を払えば可能となるでしょう。
アメリカでアメリカ式の葬儀をする場合は、40万円ほどですることができます。
フランスではカトリック信者が多いため、土葬がメインとなります。
フランスの福祉は全体が支えるべきという考えから葬儀料金が安価なのも特徴の一つです。
また、マナーも国により異なり、日本で一般的なお香典は海外では一般的ではありません。
宗派により葬儀の流れも違うため、事前に確認しておくと良いです。

時代の流れとともに増加しつつある家族葬という形

一昔前までは、お葬式といえば通夜と告別式は欠かせないもので、ご近所や友人など亡くなった人と繋がりのある身内以外の人々と共に、大勢で故人とお別れをするのが常識的でした。しかし、ここ最近では、この慣習は少なくなってきて、代わりに身内とごく親しい人のみで行う「家族葬」という形が増加傾向にあります。理由としては「核家族化」が影響しています。自分や配偶者の両親とともに暮らす二世帯やそれに加えてどちらかの祖父母も一緒に三世帯で暮らす家族は、稀となり、夫婦とその未婚の子供で構成される家族がほとんどとなりました。また、親戚付き合いやご近所付き合い、職場の人との関係など人間関係自体が希薄になりつつある今は、「家族葬」という形が最も適しているのです。さらには、費用の面でも、人を呼ばないことで食事代や香典返しなどを用意しなくても済むので、一般的な葬式よりもはるかに安い金額で行うことができるのもメリットといえるでしょう。

海外に行っていても安心の家族葬の魅力とは?

海外に旅行に行った際、不慮の事故に遭って帰らぬ人になってしまった家族がいた場合、その遺体を日本に搬送することができるのか疑問に思っている人も多いですよね。 もちろん、そのまま海外でお葬式の手続きをして埋葬してもらうこともできますが、日本人である以上は日本でしっかりとお葬式をあげて弔ってあげたいですし、海外では言葉が通じないので不安に感じてしまうことが多いと思います。 しかし、そんな心配を一切しなくて良いのが家族葬になります。海外から遺体を引き取って日本に搬送してもらうことができますし、一般的な葬儀をせずに火葬のみで終了するので費用が高くなる心配もないところが魅力です。 また、家族葬の良い点に関しては、家族のみで火葬することができるので、最後の別れをしっかりと告げることができて悲しい姿を誰にも邪魔されることなく見せることができる点になります。 多くの参加者がいると遠慮してしまって悲しみに暮れる時間が削られてしまうので、ゆっくりと自分のペースで弔いたいなら家族葬を選択するのが良いでしょう。

家族葬は規模の小さな葬儀をすることができる

家族が亡くなると葬儀をすることになりますが、どのような規模でやるのかを最初に決めることになるはずです。一昔前は一般葬で規模の大きな葬儀をするのが普通でしたが、現在の社会では家族葬を選ぶケースが増えており、規模の小さな葬儀をすることができます。家族葬をすることで喪主の負担を軽減することができますから、しっかりと故人を供養することが可能です。葬儀の規模は家族葬で調整することができるので、安心して葬儀をあげることができます。 家族葬は誰でも自由に選ぶことができますから、喪主の負担を軽減したい場合は、実際に選ぶ価値があるはずです。小規模な葬儀でも、故人を供養することはできますから、安心して選ぶことができます。本当に親しい親族だけを呼ぶことができるので、余計な心配をせずに葬儀をすることが可能です。家族葬は規模が小さいので、一般葬よりも値段が安く済みますから、遺族の負担を効率的に軽減することができます。

家族葬に相応しい服装の選び方や弔いの気持ちを示す意味について

家族葬は葬儀に対する考え方が多様化したことで一般化したとされる、故人の親族だけで行う小規模な葬儀です。参列者が少人数なので場所を取らず、費用もさほどかからない利点があります。また、服装についても厳格な取り決めは存在せず、喪服以外の衣類でも故人に対する非礼にはならないとされています。華美な格好は相応しくないと言われていますが、家族葬は身内だけで行うものなので、合意があればどのような風貌でも咎められません。 家族葬は古来から続く身内での弔いに近い形と言われていますが、これは宗教的な意味合いよりも純粋な意味でも弔いに近いとされているためです。仏教が伝来する以前の日本では故人の亡骸に親族が添い寝し、最後の別れをするのが弔いの作法とされていました。原則として血の繋がりが無い他人は関わることができません。亡骸を埋葬してからようやく、遺族と接することができたと言われています。家族葬は故人に寄り添い、身内だけで過ごす時間を重視する古来の考え方を踏襲したと言えるでしょう。

家族葬では参加者と思い出を共有する演出もできる

大切な家族との別れは誰でも悲しいものです。大勢の来客の対応が難しい、故人との思い出をゆっくりと振り返りながら親しい人だけでお別れをしたいといった場合には家族葬が最適でしょう。アットホームな雰囲気の中で家族葬を進められるように、葬儀社ごとに様々な演出をプランに含めています。例えばプランによっては故人が愛した音楽や詩などを取り入れ、セレモニーを彩ることも可能です。家族や友人にとって思い出深い曲であれば、一緒に過ごした姿を思い出して感慨や共感を生むこともできます。参加者に思い出やエピソードをシェアしてもらったり、故人が好きだった料理を会食で出すのもお勧めです。参加者全員が思い出を忍び、共有することができます。どのような葬儀にするかは家族との関係や故人の意向によっても大きく変わるはずです。いずれの場合も悔いがないように葬儀を行い、去ってしまった大切な人とお別れをする時間を作ることが重要になっています。

新宿区で家族葬するなら

落合斎場 家族葬

新着情報

◎2024/2/15

情報を更新しました。
>時代の流れとともに増加しつつある家族葬という形
>海外に行っていても安心の家族葬の魅力とは?
>家族葬は規模の小さな葬儀をすることができる
>家族葬に相応しい服装の選び方や弔いの気持ちを示す意味について
>家族葬では参加者と思い出を共有する演出もできる

◎2023/4/12

情報を追加しました。
>家族葬で起こりそうなトラブルを未然に防ぐ
>家族葬でトラブルを避けるための参列者を決め方
>家族葬と密葬との違いについて解説しています
>現代は家族葬が非常にブームニなっている理由
>家族葬を海外でしたいときの注意点と費用!

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>家族葬の案内を出すべき相手と辞退したい事柄とは
>勘違いされやすい家族葬と密葬の違いをチェックしよう
>一般的な葬儀と家族葬の香典の相場のちがい
>家族葬専門の斎場で葬儀を執り行うことのメリットや魅力について
>キリスト教で家族葬を行う場合の手順と注意すること

◎2021/5/24

通夜なしの場合の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の際の通夜の流れ
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 とは」
に関連するツイート
Twitter

返信先:他1家族葬であってもしっかりとした僧が来てしっかりとしたお作法ができれば問題はないですが、大抵は資格を持っただけの派遣の方を割り当てられる事がほとんどですし更には安い額ではどつしても出来る作法は手を抜かざるおえない部分は出てくるのは現実ですね。 葬儀とは家族の為ではなく個人の為です。

返信先:やはり自宅で会食や法要をするのが面倒になってきているのでしょうか? 自宅葬も最近また少しずつ増えてはいるのですが以前みたいに賑やかではないようです 家族葬が良いとは思えないのですが時代の流れですかね… 提灯の意味も知らぬまま邪魔だから、お金が勿体無いからと飾らないのも寂しいです😞

返信先:最近は、家族葬中心で、亡くなられた事すら分からないことも有るくらいです…。ホントに親族以外の地域の親戚とは何にも無くなっちゃいました… 人も急速に減ってます😱

家族葬とはいえ前やった祖母の時とは違って田舎の親戚のしがらみがすごかったみたいで両親が爆裂に愚痴ってたし私たちもめちゃくちゃに疲れちゃった まじなんか残念な式だったな…

世界最古の宗教ゾロアスター教(拝火教)とは? | 神奈川県の葬儀・葬式・家族葬なら定額葬儀の【杉浦本店】 『ゾロアスターの二元論とは、世界を善悪2つの事象で捉えて解釈するという考え方です。 アフラ・マズダ(善神)とアンラ・マンユ(悪:アーリマンとも呼ばれる』